日本とアメリカのバーベキュー

バーベキューは肉や野菜等の適切な食材を準備してその場で焼きながら食事を楽しむものであり、日本ではキャンプ等のイベントの際に比較的よく行われます。

アメリカでは夏を中心として週末に日常的に行われるものであり、深い親しみのある交流方法となっています。



家族で楽しむ場合もあれば、所蔵している大小の団体でバーベキューを開催することにより交流が深められるのです。

ホストが食材を準備することもあれば、互いに持ち寄って行うポットラック形式のものもあり、場合によっては会費制で行われるものもあります。

そういった交流行事としてバーベキューが広く用いられているのがアメリカの文化の特徴の1つと言えるでしょう。

その際に最もよく作られるのがハンバーガーとステーキであり、アメリカ人の肉食を好む文化が反映されています。

大手小町に関連した情報が掲載されています。

そういったイメージはバーベキューの文化と共に日本にも輸入されてきており、おいしい肉をメインとして焼くというのが典型的な方法となっています。

一方で、ハンバーガーについてはそれほど浸透していない状況があります。
これは日本においてハンバーガーを食べるというのがアメリカほどには浸透していないということや、比較的安価な食べ物というイメージがあることから、特別なイベントとしての意味合いが強いバーベキューで作るものとして人気が高まらなかったと言えます。文化の違いこそあれ、交流のための行事として人気が高いことは日本でもアメリカでも共通しており、食事を通した交流は有意義なものという考えが世界共通であることを示しています。

利便性を重視した新木場公園のバーベキューについて親身になってアドバイスいたします。